PicsArtを使って画像にぼかし加工をする方法を3つ紹介します。

今回紹介するぼかし加工は次の3つです。

  1. 一般的なぼかし
  2. ミニチュア加工のぼかし
  3. 画像の縁をぼかす方法

 

一般的なぼかしの方法

周囲をぼかして一部を際立たせたり、全体をぼかして幻想的なイメージにしたりすることが出来ます。

IMG_3340

写真を選んだら画面下の「エフェクト」をタップして下さい。

 

img_3393

次に画面左に出て来たメニューの「ぼかし」をタップします。

 

img_3394

画面下から、ぼかしの種類を選んで下さい。

ここでは、例として左から二番目の普通の「ぼかし」を選択しました。

 

img_3395

もう一度、「ぼかし」をタップするとぼかしの調整をすることが出来ます。

「ぼかし」→「フェード」の順に調整すると調整しやすいと思います。

 

img_3396

画面上の消しゴムのマークをタップすると、ぼかしの一部を消すことが出来ます。

 

 

img_3398消しゴムで消すように、ぼかしを消したい所を指でなぞるだけです。

 

img_3400

ぼかしを消しすぎたりした場合は、画面下のペンをタップして再びぼかしを入れなおすことが出来ます。

 

img_3412

画面下中央の四角のマークをタップすると、四角か丸の図形でボカシを入れたり消したりできます。

例として、分かりやすく丸くクッキリとぼかしを消してみました。

 

img_3412

 

「◯」と「消去」をタップしたあと硬さを100にしてぼかしを消しました。

 

img_3403

逆に、硬さを0にするとフワッとぼかしを消すことが出来ます。。

 

ミニチュア加工のぼかし

このぼかし加工を使うことで撮った写真をミニチュア模型のように見せることが出来ます。

まず、フィルターや色合いの調整を駆使して、写真を絵のような色合いに調整していきます。

色合いを調整する方法は、特に決まったやり方はありません。

一応参考までに、一例を紹介したいと思います。

 

img_3423

「エフェクト」の上から3番目をタップして下さい。

 

img_3426画面下からずっと右にある右から2番めの「ショック1」を選択します。

 

img_3428

もう一度タップして、モード2を選択します。

 

img_3428

できたら右上の「適用」をタップして戻って

 

img_3445

画面左下「ツール」の「修正」や「エンハンス」を使って、彩度、コントラスト、シャドー、ハイライトなどを調整します。

ここまですれば大分と絵のような色合いに調整できたと思います。

 

img_3445

次に、周囲をぼかしていきます。

「ツール」をタップして「ミニチュア風」をタップして下さい。

 

img_3448

あとは、ぼかしの範囲を決めたら完成です。

 

img_3495

ヘタクソなのであまり参考にならないかもしれません(;´∀`)

もっと高い位置から撮影する必要があるのかもしれませんね。

 

写真の縁をぼかす方法

IMG_3340

写真の縁をぼかすのは、「エフェクト」から行います。

img_3439

「エフェクト」の一番上「FX」のまま、画面下から「ビネット」選択して下さい。

img_3450

「ビネット」をもう一度タップで写真のサイズを変更で見ます。

 

img_3444

また、ぼかした背景の色を白にしたい場合は、上の画像の矢印の部分から選択できます。

 

まとめ

ミニチュア加工のぼかしは、少しむ難しいかもしれませんが、色の調整でいかに模型っぽく見せるかがポイントです。

人気アプリ ランキング!

1位大流行!ウケる!盛れる!アプリSNOW

 

2位通信量を節約!!神アプリ「タウンWiFi」

 

3位編集不要!!美肌自撮りアプリの決定版!!

 

4位最強ダイエットアプリ!!RenoBody

 

5位キーボードをカスタマイズ!Simejiさんだぞ

 

この記事を友達にシェアするには下のソーシャルボタンが便利です。↓クリック!↓